無線LANの寿命

どのくらい無線LANの寿命はあるのでしょうか?無線LANの寿命としては、ルーターで寿命が決まってきます。
ルーターの寿命としては、ルーターによっても違ってきますが、3年程度が目安でしょう。
ルーターの寿命に関係してくるのは、ルーターの内部に使われている部品のコンデンサーというものです。
コンデンサーというのは、安定した電流にするためのものであり、内部には液体が入っており、だんだん熱によって劣化します。
ルーターを使っている場合には、ルーター自体が暖かくなっています。
これは、ルーターの内部に発熱する部品があるためですが、この発熱によってだんだんとコンデンサーが劣化してくるということです。

では、ルーターの寿命、つまり無線LANの寿命を延ばすためにはどうすればいいのでしょうか?無線LANの寿命を延ばすためには、ルーターが温かくなり過ぎないように、ルーターを密閉したところなどに置かないようにして、風通しを良くすることです。

また、ルーターの寿命を見極める方法としては、インターネットに繋がるのが以前よりも非常に遅くなった、あるいはときどき繋がらなくなった、ということがあるかどうかです。
インターネットに繋がらなくなったので、ルーターの電源を一度切って、再度入れるとしばらくの間は使うことができるが、またしばらくすると繋がらなくなる、というような場合もルーターの寿命です。
本サイトでは、機械的な寿命の判断、正常に作動するか、寿命を長くする方法、についてご紹介します。